体験プログラム
333-1

猿まわし芸能は、歌舞伎、狂言と並んで、日本最古の伝統芸能です。 馬が労力や武力として重宝された平安時代ごろ、その馬の守り神としてお猿さんは位置づけられ、馬を病気等から守るための祈祷を舞った事が猿まわしの由来、起源といわれ more

詳細はこちら
332-1

<館内レクチャーツアー> 富士登山・自然・文学などの解説を受けながら、展示室など館内をめぐる。 所要時間:約15分~30分 ※他にも世界遺産展示の館内レクチャーもございます。 ※予約は不要ですが、館内の混雑状況等によって more

詳細はこちら
331-1

●溶岩樹型とは・・・溶岩樹型は、富士山から流れてきた溶岩が樹木を囲んだまま固まり、木が鋳型として溶岩流の中に残ったものをいいます。 縦型や横型、流木型など様々なタイプが見られますが、船津胎内樹型は横倒しになった複数本がつ more

詳細はこちら
330-1

「パソコンお絵かき」 水族館にいるお魚たちの下絵をなぞって絵を描くことが出来ます。 描いた絵は1枚プリントして差し上げます。 小さいお子様はには大人の補助が必要です。 (約10分~30分)

詳細はこちら
329-1

<図書コーナー> 自然や環境に関するものから動物や植物についての本、忍野村を紹介する本など、さまざまな資料がそろっています。

詳細はこちら
328-1

<学習コーナー> 大型スクリーン6画面のマルチビジョンで、鮮明な画像と音声が楽しめます。 迫力ある映像なので、ひとあじ違った角度から自然を学べます。

詳細はこちら
327-1

世界中には、食べるものがなく飢餓に苦しみ、今この瞬間にも亡くなっている人がいる一方で、日本は食べ物に溢れた生活をしています。 飢餓に苦しむ人々が、この光景を目にしたら、日本という国を天国と間違えるかもしれません。 コンビ more

詳細はこちら
326-1

天台宗の座禅は、座禅止観と言います。 人間の心は、外界から様々な影響を受けます。 分かりやすく言えば、目で見ること、耳で聞いたこと、鼻で感じる匂いなど、五感が常に働いてしまいます。 その影響によって心が乱れます。そうした more

詳細はこちら
325-1

写経は誰でも取り組むことが出来る身近な仏教実践行です。 時間がかかり大変ではないか、上手に書くことが出来るだろうかなどとためらう方もあるかもしれません。 お経の意味も理解できず、写経をして意味があるのかしら、などと思って more

詳細はこちら
324-1

〈シアター〉(上映時間49分) 富士山レーダーは、NHKプロジェクトXの第1回目放送で取り上げられました。 このシアターでは、プロジェクトXでは紹介しきれなかった、富士山レーダー建設に情熱を傾けた人々の知られざるドキュメ more

詳細はこちら
323-1

富士山麓の森に囲まれたウッドデッキで、絵本の読み聞かせや野外活動を行います。 おはなしかいの前に、おりがみ教室も開催しています。(10:00~ 13:30~) 平成26年度実施予定 4/13・5/11・6/22・7/13 more

詳細はこちら
322-1

「自然と人との共生」をテーマに県内での動植物や富士山などの現状を写真やパネルで紹介します。 会館時間内であれば、どなたでも自由に観覧できます。 平成26年度実施予定 Ⅰ山野草写真展~「食・毒・薬草他」「似ている山野草」~ more

詳細はこちら
321-1

平成26年度実施予定 ●子ども森を楽しむ会 ・夏休み小中学生向けの自然体験 定員30人 7/20(日) 9:00~12:00

詳細はこちら
320-1

平成26年度観察会実施予定 ●春の自然と山野草観察会 5月18日(日) 富士北麓における春の自然と山野草の観察を行う ●野鳥観察会 5月31日(土) 研究所周辺の野鳥観察を行う ●富士山五合目植物観察会Ⅰ 7月26日(土 more

詳細はこちら
319-1

●ネイチャーゲーム ・ゲームのねらい (1)五感を使い自然に親しむ。 (2)森の動物の生き方を知る。 (3)自然の多様性や生態系を知る。 (4)グループで協力しながら活動する。 ※ゲームを組み合わせて実施することもできま more

詳細はこちら
123
ページのトップに戻る