楽しさ満載の富士山・富士五湖エリア。みんなで一緒に思いっきり遊ぼう!

天の食楽

鳴沢キャベツ


天の食楽 鳴沢キャベツ

鳴沢キャベツ

キャベツ畑

大根の産地からキャベツ産地へ

国道139 号線(通称:富士パノラマライン)を精進湖方面から河口湖方面に向かって車を走らせていると、鳴沢村に入ったあたりから、道の両側にキャベツ畑が顔をのぞかせるようになる。
実は鳴沢村は知る人ぞ知るキャベツの産地。整然と並び、濃い緑色の外葉に守られながらすくすくと育つキャベツ畑の光景は、短い夏の風物詩の一つとなっている。
JA 鳴沢村の渡邊昭秀さんによれば、富士北麓地域におけるキャベツ栽培の歴史は古く、明治の終わり頃に河口湖の南岸で栽培が始まり、昭和初期には東京の神田市場に出荷されるようになっていたという。それが鳴沢でも栽培されるようになったのは、昭和36 年頃から。
「その頃の鳴沢は大根の一大産地で、京浜方面へ大量に出荷されていました。当時は泥つきの方が鮮度が保たれるということで、洗わないで出荷していたんですね。ところが、貯蔵技術の発達に伴い、泥つきのままの大根は市場で敬遠されるようになってしまった。でも、鳴沢には川も湖も無いものだから、出荷の際に大根を洗うということが難しいわけです。そこで、同じアブラナ科のキャベツに白羽の矢が立った。キャベツなら洗う必要がありませんからね」。
水はけの良い土壌や降水量の少なさが水を嫌うキャベツに適していたことや、大根の連作障害が多発したことも追い風になり、生産量は順調に伸びていったという。味の良さと品質の高さが認められ、昭和52 年に国の指定産地になると、生産や出荷に必要な環境も整備されて、キャベツは名実ともに特産品の一つとなった。

夏秋キャベツ

柔らかくて甘い、鳴沢産の夏秋キャベツ

一年を通して店頭に並ぶキャベツだが、実は季節によって変化している。11 月~3月に出回るのが、平たい形の冬キャベツ、4 月~ 6 月は球型の春キャベツ。標高900 ~ 1,000 メートルの高冷地で露地栽培する鳴沢のキャベツは、7 月~ 10 月に旬を迎える夏秋(かしゅう)キャベツで、別名高原キャベツとも呼ばれている。
「ここは昼夜の寒暖差が大きいことから、柔らかくて甘いキャベツを作ることができるんです」と渡邊さん。収穫される約5,000 トンのキャベツは、主に東京や神奈川の市場に向けて出荷される他、その味わいが認められ、大手外食チェーンの契約産地ともなっている。
収穫シーズンともなれば、道鳴沢産の、張りが良くずっしりと重い新鮮なキャベツが並ぶ“道の駅 なるさわ” では、キャベツの収穫体験も行っている。「実際にキャベツ畑に入り、包丁で根元からスパッと切り取ってもらうんです。夏休みには家族連れもたくさんいらっしゃいます。『キャベツがなっているところを初めて見た』というお子さんも多いんですよ」。昨年9 月14 日にキャベツ祭りを開催したところ、県内外から訪れた参加者から「こんなに甘いキャベツは初めて食べた」「キャベツって、美味しいんですね」と驚きの声が上がったと言う。「初めての試みでしたが、非常に好評だったので、恒例行事にして行きたいと考えています」。

渡邊昭秀さん
JA鳴沢村 鳴沢村農業協同組合
代表理事 組合長 渡邊昭秀さん

隠れた名物“凍みキャベツ”

一方、朝夕の冷え込みが厳しくなる12 月以降、地元農家の食卓を飾るようになるものがある。
「サイズが大きすぎたり小さすぎたりして収穫しないまま残したキャベツが、畑で凍る。すると、外側の葉はダメになりますが、不思議な事に中の方は新鮮なままで、しかも、甘味がぐーんと増すんです。これを、この辺りでは、“凍みキャベツ” と呼んでいます、もちろん生のまま食べてもいいし、煮込んだり炒めたりしても美味しく食べられるんですよ」と渡邊さん。
もともとは、秋に収穫するキャベツを長く食べ続けるための生活の知恵の産物。自家用のため量は少ないが、12 月以降、道の駅 なるさわにお目見えすることもあるそうで、「冬だけの白いキャベツ。産地ならではの味だと思います。小ぶりなので、かなりお値打ちな価格で提供していますが、味は抜群なので、見かけたらぜひ試してみてください」。

仕切り線

●道の駅なるさわ 物産館所
山梨県南都留郡鳴沢村鳴沢8532-63 TEL : 0555-85-3366
営業時間 夏期:午前9 時~午後8 時 冬期:午前9 時~午後6 時

仕切り線

ページのトップに戻る