楽しさ満載の富士山・富士五湖エリアみんなで一緒に思いっきり遊ぼう!

天の食楽

原木なめこ&原木しいたけ


天の食楽 原木なめこ&原木しいたけ

原木なめこ&原木しいたけ

原木なめこ写真

ぬめりも味も一味違う原木なめこ

キノコは代表的な秋の味覚のひとつとはいえ栽培技術の普及により一年を通じて楽しめるキノコも増えているなめこやシイタケはその代表格と言えるだろう「なめこ」と聞いてビニール袋入りの黄色くて粘り気のある小さなキノコの姿を思い浮かべる人は多いはずところが本栖湖で出会ったなめこはかなり違っていた
「スーパーなんかでよく見かけるなめこは菌床(きんしょう)うちのは原木だからねぬめりも味も全然違うよ」と胸を張る『本栖しいたけ・なめこ組合』の渡辺光彦組合長渡辺さんの言う菌床とは広葉樹のおがくずと米糠などの栄養源を混ぜ固めた培土に菌を植えつけて栽培する菌床栽培のこと対して原木は原木栽培のことで天然の木を用いてキノコを栽培する本栖湖の周辺では富士山の豊かな自然を利用したキノコの原木栽培があちらこちらで行われているという

天然の木を用いてキノコを栽培

さっそく原木栽培が行われている場所へと案内してもらったそこは鬱蒼とした樹海のなか木漏れ日が気持ちいい「種菌は春その年の気候にもよるけどだいだい4 月中にはするねそうすると秋に発芽する露地栽培だから気温次第ってところもあるけれど発芽してから1 週間以上時間をかけてじわじわと大きくなっていくだから味も香りも良くなるし歯ごたえもしっかりとしたなめこができるんだよ」と渡辺さん地元で育った木でないとキノコがうまく育たないため原木には富士山麓の間伐材を利用している「使うのは広葉樹オオバモミジやミネといった柔らかい木がいいねキノコは朽ちた木が好きだから伐採後3 年間くらいは森の中に寝かせてから種菌するとうまくいくんだよね」一本の原木から収穫できる量は一年に1~2 kg 程度とけっして多くはないが一度菌が根付けば、10 年以上も生え続けるという
「ほらあったそれが原木なめこだよ」視線を落とすと地面に整然と並べられた丸太から株になって生えているあっちにもこっちにも小さいものから大きなものまでサイズもまちまち…どれも茶色い頭に黄土色の茎をしていて絵にかいたような姿がとてもかわいいそれを一株一株優しく丁寧に収穫していく「なめこは秋が旬そりゃあ何と言ってもミソ汁が一番美味いけどキャベツと一緒にサッと油で炒め醤油で味付けてご飯と一緒に食べるのもいいねうまいよ今夜試してみたら?」そう言って渡してくれた原木なめこは粘り気のあるプルンとした膜を身にまとっていた

渡辺光彦組合長01 渡辺光彦組合長02
本栖しいたけ・なめこ組合の渡辺光彦組合長
原木なめこプルンとした色鮮やかな原木なめこ見るからにおいしそう!

手を掛けたら掛けただけ応えてくれるシイタケ

渡辺さんはシイタケも原木栽培しているということでそちらも見せてもらうことになった
案内してもらったのはなめことは別の林斜めに組んだ原木のあちこちからシイタケが元気な顔を見せているなかには直径20 ㎝近くもありそうな巨大シイタケの姿も…「なめこもそうだけどシイタケも自然のなかでじっくりと時間を掛けて大きくなるんだよシイタケの場合は発芽から早くて2 週間じわじわと育つから肉厚のシイタケになるんだよね」と渡辺さん「キノコは生き物だから放って置いたんじゃ良いものはできないとりわけシイタケはデリケートで雨が降ったり気温が上がったりすると急激に大きくなっちゃうでも手を掛けたら掛けただけ応えてくれるからやりがいもあるね」松を使うとマツヤニの匂いが残るなど原木の種類によって味も変わるそうで「シイタケにはミズナラの木が一番太いほうが栄養があるせいか良いものが作れるよね」収穫期は春と秋の2 回実は秋より春の方が美味しいのだという
渡辺さんによれば本栖でシイタケ栽培が始まったのは明治40 年頃のことその頃は霧吹きで菌を吹きかけるだけでシイタケが生えてきたのだという「今は原木に穴をあけ菌を埋め込んで蝋でふたをしてやらないとうまく行かないこんな森の中だけど雑菌が増えているらしくてね自然界にも変化が起きているんだなぁと思うよね」しみじみ語った渡辺さん視線の先に広がる森では色付き始めた木々が秋風に揺れていた

シイタケ原木栽培01

シイタケ原木栽培02

仕切り線

●本栖湖観光協会
電話 : 0555-87-2518(12~3 月休業)
本栖の原木きのこはシーズンになると本栖湖周辺の売店やレストランで食べることができます

仕切り線

ページのトップに戻る