楽しさ満載の富士山・富士五湖エリア。みんなで一緒に思いっきり遊ぼう!

天の食楽

かっぱめし


天の食楽 かっぱめし

かっぱめし

かっぱめしイメージ

河口湖に伝わる河童伝説

昔々、河口湖には河童が住んでいて、人間ともうまくやっていた。人々は、河童には神通力があり、何にでもよく効く万能薬を持っているとも信じていたという。河口湖には、河童にまつわるいくつもの伝説が、今も伝えられている。

ある年のこと、湖畔の庄屋さんの家に誰かが忍び込み、保存用のあぶり魚を持ち去っていくという出来事が続いたそうな。あぶり魚が無くなった日は、決まって辺りが濡れているので、庄屋さんの家では「どうやら河童の仕業らしい」と、諦めていたそうな。
ある晩のこと、庄屋さんは、囲炉裏のそばで巻紙を見つけたそうな。「こんなところに誰が置きっぱなしにしたんだろう?」不思議に思って広げてみると、河童膏の作り方が書いてあったそうな。「さては、河童があぶり魚を盗んだお礼にと、置きみやげをしていったのだな」。そう思った庄屋さん、試しに作ってみたところ、病気や傷、腫れものにも、効果てきめん!庄屋さんはこの薬のおかげで、大金持ちになったとさ。

これは、河口湖に伝わる河童伝説のひとつ、「河童の膏薬」というお話。実際に、かつて河口湖周辺では、はまぐりの貝殻に入れられた塗り薬「河童膏」が売られていて、名薬として人気を博したと言う。

河口湖の畳石 河童地蔵
いかにも河童が住んでそうな河口湖の畳石。 湖畔にある富士博物館には
河童地蔵が祀られている。

一見シンプル、その実、奥が深い味わい

この河童伝説から生れた新しい名物が、かっぱめし。ここ数年、にわかに話題となっている。
「かっぱめしの基本は、キュウリの浅漬けととろろ(長芋または大和芋のすりおろしに調味料を混ぜたもの)をホカホカご飯に乗せ、刻みのりとゴマをトッピングするだけ。至ってシンプルで、誰もが手軽に作れます」と話すのは、発案者の山下茂さん。富士河口湖名物開発委員会の会長としてかっぱめしを町内の飲食店や宿泊施設に広げる一方、自らが社長を務めるロイヤルホテル河口湖にも、かっぱめし専門店かっぱてらすを開店した。「基本さえ守られていれば、味付けは各店のオリジナル。アレンジも自由。だから、楽しいんです。一言でかっぱめしと言っても、マグロの刺身を乗せたり、香の物をプラスしたりと千差万別。各店ごとにそれぞれ美味しいと思うかっぱめしを開発し、提供していますから、食べ比べてみるのもおもしろいと思いますよ」。ちなみに、かっぱてらすの目玉は、佃煮や焼き魚、納豆、ローストビーフなど、20 種類以上のトッピングメニューが用意されるバイキング。自由に自分で選び、好みのどんぶりが作れるということで、観光客を中心に人気がある。

かっぱめしイメージ02
各店ごとに工夫を凝らしたかっぱめし。
ほうとう屋敷みさか路のかっぱめしは、マグロの漬けと温泉玉子、ほうとうせんべいが特徴。

ご当地自然グルメ=かっぱめしから広がる未来

「かっぱめしの基本であるキュウリととろろは、地元富士河口湖町の特産品である大石キュウリと大石いもからきています。つまり、かっぱめしは、地元の特産品を使ったヘルシーメニュー。『ご当地自然グルメ』と呼んで差し支えないと思っています。そして、実はこういった特産品を使った、美味しくて体に良い、いわゆる『ご当地自然グルメ』は、当地のみならず、全国いろんなところに存在しているだろうとも思うのです。そこで、そうしたメニューを集めたイベントが開催できたらおもしろいんじゃないかと思っているんです」と山下さん。

大石いも 山下茂さん
自然薯を元に作られた
富士河口湖町特産の大石いも(大和芋)
とろみと風味が違う
かっぱめしの発案者の山下茂さん。

仕切り線

●かっぱめしは、富士河口湖町内の飲食店、ホテル、旅館で楽しめます。
「かっぱめし」のノボリとステッカーが目印です。

仕切り線

ページのトップに戻る