楽しさ満載の富士山・富士五湖エリア。みんなで一緒に思いっきり遊ぼう!

天の食楽

富士山やさい


天の食楽 富士山やさい

富士山やさい

レタス

富士北麓の自然が育む、この土地ならではの味

夏の初めの富士北麓。窓から入り込んでくる高原の風を感じながら、富士五湖の湖畔に沿って車を走らせていると、山間の土地のあちらこちらに畑が見える。
「この辺りは、標高800 ~ 1,000m。一年を通して冷涼で、朝夕の寒暖差が大きいという気候に加え、日当たりが良く、水はけも良い土地が多いこともあって、質の良い野菜が栽培できるんだよ。」
と教えてくれたのは、JA北富士の古屋善治さん。レタスやブロッコリー、カリフラワー、トマト、キュウリ、キャベツなど、高原野菜を中心に多彩な野菜が栽培されているという。
「おもしろいもので、同じ種や苗から作っても、できる野菜の味は全然違う。その土地土地の特色が出るんだね。たとえば、大根。大根なんて、どこでも作れるし、スーパーに行けば1年中並んでいる。だから、どれも同じ味がするって思っているでしょ。でもね、違うんだよ、全然違う。この辺りで作った大根には、この辺りで作った味がある。食べてみればわかるよ。」
なるほど。考えてみれば、土壌も違えば、水も違う。元は同じでも、育つ環境によって違う味になるというのは、当たり前のことかもしれない。
「この辺りは水もいいからね。ゲルマニウムやバナジウムが含まれているという富士山の伏流水。それが野菜作りにも使われている。人間の体にいいと言われる水だから、ますます野菜も美味しくなるんだよ。」
そう言って笑った古屋さんが、そろそろ収穫期を迎える河口湖レタスの畑に案内してくれた。
レタス写真01  レタス写真02

大輪の花が咲いたような、河口湖レタスの畑で・・・

河口湖レタスはリーフレタスの一種で、この地域の新たな特産品の一つ。平成16 年、千葉県内の農業研修に参加した際に譲り受けた種子を試験栽培してみたところ、高品質のレタスが作れたことから、本格的な栽培が始まったという。
「千葉では思うように栽培できなかったのに、ここへ持ってきたらすんなりと育った。気候風土がよほど合っていたんでしょうね。」
とは、山梨県総合農業技術センター岳麓試験地の渡邊淳さんの弁。適地適作という言葉があるが、実際、その作物に合った土地で栽培すれば、特別な施設を作ったり、むやみに消毒をしなくても、虫がついたり病気になったりすることなく、高品質な作物を作ることができるのだという。その意味では、このレタスはその代表的な例と言えるかもしれない。
鮮やかな緑色の細かいフリルのような葉が身を寄せ合い、まるで大輪の花のような河口湖レタス。その姿にだまされたのか、畑にはモンシロチョウが飛び交っている。
「ほら、お土産!」
古屋さんが、ひときわ大きな河口湖レタスを根元から切り取って、渡してくれた。手元にくると、まるで緑のブーケのよう。ひとしきり美しさを愛でた後、そっと一枚口に入れてみる。
しゃきしゃきとした歯ごたえ。力強くて、どこか懐かしい味が口中に広がった。

河口湖レタス

◆河口湖レタス
フリルのような可愛らしい葉が互い違いに集まって、まるで緑のブーケのよう。
一枚一枚が小ぶりなので、ちぎる必要もありません。
口に入れると、瑞々しい香りが広がり、噛めば、しゃきしゃきとした歯応えがここちいい。
サラダはもちろん、熱を加えても美味しいので、油いためやお味噌汁の具、しゃぶしゃぶなど、工夫次第で楽しみが広がります。

 

富士山のエネルギーが満ちた、今が旬の富士山やさい

雪解けとともに始まる、富士北麓の農家の一年。この季節になると、そこかしこの畑に瑞々しい野菜の姿が見え始め、燦燦と降り注ぐ太陽のもと、日に日に大きく育っている。
ひんやりとした空気が漂う夏の早朝、まだ暗いうちから始まる収穫作業。熟した野菜達が、誇らしげに輝いているという。
直売所で手に入れた収穫したばかりの野菜を、新鮮なまま食べる。野菜を通して体中に取り込まれる富士山のエネルギー。薄れつつあった“旬” の感覚も蘇ってくる。
「毎年変化する気象条件のもとで、同じものを同じように作り続けるのは難しい。だから、農家は毎年1 年生。あれこれ考えながら、試しながら、ときには失敗もしながら、それでも、去年より良いものを、もっと美味しいものを、と思って作り続けているんだよ。」
作り手の想いが、野菜の味に、さらなる深みを加えている。

ブロッコリー01 ブロッコリー02

◆ブロッコリー
甘みが強くて柔らかい河口湖産のブロッコリー。生のままでも、美味しく食べられます。
とりわけ茎は、とても甘くておいしいのだとか。葉っぱや茎まで、丸ごと全部召し上がれ。

カリフラワー01 カリフラワー02

◆カリフラワー
直射日光を浴びないよう、ひとつひとつ葉かけをして大切に育てられるカリフラワー。
雪のように真っ白い、まるで箱入り娘のよう。もちろん味も“べっぴん” です。

仕切り線

●「河口湖レタス、ブロッコリー、カリフラワー」はここでお求めできます。

農の駅・JA北富士河口湖物産館
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町河口3131 番地  TEL :0555-76-8300
営業時間:9:00 ~ 17:00  営業期間:4 月1 日~ 12 月31 日
定休日:毎週火曜日(7/1 ~ 8/31 までは無休) 駐車場:有り(約100台)
http://www.ja-kitafujimart.com/

仕切り線

ページのトップに戻る