楽しさ満載の富士山・富士五湖エリアみんなで一緒に思いっきり遊ぼう!

富士山巡礼の旅

西湖


六の巡礼西湖

西湖から冠雪の富士山を望む
西湖から冠雪の富士山を望む

深淵なる「西湖」の湖底は
富士山の太古の歴史につながっていた

精進湖から六つめの巡礼地「西湖」へ国道139号にあたる一面の樹海の森のなかの道をゆく溶岩流の上に1200年の時をかけて育った森が延々と続く日本一の富士山らしいダイナミックなドライブコースだ
春にはミツバツツジのピンク色初夏は溶岩をおおう苔の緑が秋にはカエデやナラの赤黄色が蒼い海のような森をあざやかに彩るのも見える
西湖は精進湖と同じ貞観の噴火(864)により巨大な「せのうみ」が大量の溶岩の流れによって分断され生まれたそして溶岩流の上にはやがて樹海と称される広大な森が育っていく

きらきらと透明な水紋が美しい
きらきらと透明な水紋が美しい

湖の岸辺におりるとさらさらと澄みきったさざ波が足もとにまで押し寄せてきていた北西岸の「根場浜(ねんばはま)」は西湖と樹海越しの富士山を望める絶景地でもまず目を引きつけたのは湖面にきらきらとした水紋の輝きとその下に湖底まで透けて見える水の美しさだったちょうど正面にそびえる富士山から樹海の森の下をつたい水があふれてきているように見える生きもののように形を変える美しい水紋を見ているとこの水は富士山の一部という実感がわいてきた
ふだん富士五湖を観光地として見ている時は忘れがちだがすそ野の五つの湖は富士山の噴火によって山麓にできた堰止め湖で湖水のほとんどは富士山から湧き出しているものだという
ある資料によると富士五湖にはそれぞれ龍神の名がついていた西湖は別名「青木龍神」西湖と青き森は切っても切れない仲にありそして山麓の湖は古来から水の神とされてきた富士山の分身でもある
富士五湖のなかで観光地化されなかった西湖だからこそ龍神が棲む水の清らかなエネルギーが保たれてきたのだろう西湖周辺にはそんな富士山と湖と森のつながりを目のあたりに感じられる原初の眺めが今も残っていた

西に傾き始めた太陽を映す西湖畔
西に傾き始めた太陽を映す西湖畔

深く美しい西湖で再発見された
奇跡の魚「クニマス」が教えてくれたこと

この清らかな湖水の深みで樹海の森に守られ幻の魚は人知れず70年も生き長らえていた…
数年前にこの西湖で起きた現代の奇跡の物語それは今も太古の深淵な気配を残すいかにも西湖らしい出来事だった
この西湖から、70年前に絶滅したはずの「クニマス」が発見されたのは世界遺産登録の3年前の2010年のことかつてクニマスは世界中で秋田県の田沢湖のみに生息していた固有種田沢湖といえば日本一の水深をもつ湖で日本のバイカル湖と称される透明度を誇っていたクニマスは“1匹が米1升”の価値があったというところが1940年代開発による水質の激変でクニマスは絶滅してしまう
それがなぜ西湖で見つかりなぜ今まで見つからなかったか発見までの経緯も含め神秘に導かれるような偶然が折り重なっていた田沢湖のクニマスが絶滅する以前の1935年実は全国の幾つかの湖に田沢湖から人口孵化実験のための受精卵が送られていた西湖でも孵化後放流されその後何度かクニマスの存在を探索する機会があったもののなぜか生息は確認できなかった
西湖といえば「フジマリモ」の群生地として有名でまた大正初期に放流された「ヒメマス」釣りで人気の湖そのなかに地元の漁師の間で「クロマス」と呼ばれる“ヒメマスの黒い変種”が良く釣れることがあり変種のクロマスは釣れてもリリースされることが多かったらしい
今回の西湖でのクニマスの発見者となったのはテレビタレントで東京東洋大学客員准教授でもある“さかなクン”だったさかなクンは京都大学教授の中坊徹次氏からクニマスのイラスト執筆を頼まれ参考のために近縁種のヒメマスを全国から取り寄せたそして西湖から送られたもののなかにクニマスらしき個体を見つけるそれがきっかけで本格的調査が行われDNA検査で確認された
さまざまな要因が重なり絶滅から免れてきたクニマスは静かな西湖の湖底で人知れず繁殖を繰り返していたのだろうそして命がもつ個性の尊さに細やかな視線を注げる二人の研究者により再発見された
なんとも富士山らしい物語ではないだろうかすべての命は奇跡的に生かされているのだクニマスも西湖の清らかな水も富士山のもとでこれからも大切に守られていくのだろう

西湖から引き上げられた貴重な丸木舟
西湖から引き上げられた貴重な丸木舟

湖底から見つかったもう一つの神秘の「丸木舟」

西湖に行ったらもう一つぜひこの目で見てみたいものがあったクニマスはなかなか見ることはできないけど湖底から見つかった「丸木舟」は見てみたい丸木舟が気になった理由は田沢湖のクニマス漁が当時やはり丸木舟による刺し網で行われていたことを知ったからだ
富士五湖では9艘の丸木舟が見つかっていて西湖から引き上げられた4艘のうちの1艘を「西湖•野鳥の森公園」内の茅葺きの展示室で見ることができた
それは想像以上に大きく一瞬一本の樹そのものにも見えたモミ科の丸木をそのままくりぬいただけの原始的なつくりは精巧なものよりむしろ感動的だった
全長約10メートル幅約0.8メートル山梨県内で発見されたものでは最大級で鎌倉時代後期のものらしいこちらは何に使われていたか詳細はわかっていないということだが西湖の湖面を悠々とわたる丸木舟を想像するだけで途方もない歴史ロマンが胸に広がっていく

西湖野鳥の森公園
西湖野鳥の森公園
樹海の森
樹海の森
樹海を象徴する苔の絨毯
樹海を象徴する苔の絨毯

文化遺産になった富士山でも自然もやはり素晴らしい
富士山が作った森「青木ヶ原樹海」の散策コースを歩く

富士山と山麓の原始の森とそして湖…「こんな自然は世界のどこを探しても他にない富士山だけにしかない豊かさと雄大さ奥深さがある」
そう口をそろえるのは地元で出逢った写真家やアウトドアマンなど自然の達人たちだった
彼らは世界中の自然を見てきてなお富士山周辺の自然は唯一無二だと語っていた
そしてそんな余り知られていない富士山のすばらしさに触れられるおすすめポイントとして必ずすすめてくれたのが「西湖野鳥の森公園」を中心にした樹海の森の散策コースだ
それまでは樹海のなかに日本屈指の自然を堪能できる遊歩道が整備されていることも知らなかったなんと東海自然歩道も通っている
ルート上には「西湖コウモリ穴」や「竜宮洞穴」など見逃せない名所ポイントもありさらに足を伸ばせば有名な「氷穴•風穴」や「紅葉台」まで樹海内のトレッキングをたっぷり堪能できる
国道から森の遊歩道に一歩足を踏み入れるとふわっと樹々の匂いに包まれた森のそこかしこから野鳥のさえずりが聴こえ豊かな水場はカエル池にもなっている時には鹿などの野生動物にも出くわすこともあるという外から見るよりも樹海の森のなかは動植物のパラダイスだ
貞観の噴火(864) のあと溶岩台地に形成された青木ヶ原樹海の約1200年という歴史は森の年齢としてはまだ若いという森の精霊のような姿をした樹海の樹々は溶岩の上にやっと堆積したわずか10㎝足らずの土に必死で根を伸ばしているのだ
まだ早いペースで世代交替をしている森床には苔や地衣類があざやかな緑の絨毯を敷き詰めている
そのため樹海は独特の景観と生命力に満ちていた富士山の裾野では生まれたての森の原初の姿を見ることができる

樹海内にぽっかりと口をあけた「竜宮洞穴」
樹海内にぽっかりと口をあけた「竜宮洞穴」

富士山は水の神だった湖には龍神が棲んでいた
古代の信仰をたどることのできる「竜宮洞穴」

西湖畔の青木ケ原樹海内にひっそりと大きな口をあけている「竜宮洞穴」は樹海に無数に点在する溶岩洞穴のなかでも印象的な存在感を放っている
富士講の信仰の対象として構成資産になった船津胎内樹型や吉田胎内樹型とはまた別の富士山にまつわる古い信仰の歴史が洞穴の奥底には息づいている
洞穴内部は今は崩れやすく入洞することはできないが入口までは下りることができそこに小さな祠があるこの祠はれっきとした神社庁登録の神社で「剗海(セノウミ)神社」という名前がついていたセノウミといえば貞観の噴火の前に西湖精進湖本栖湖をつなげていた巨大な古代の湖
富士山の神様として浅間大神やコノハナサクヤヒメが祀られるようになったのは噴火の後のことだとすればこの洞穴の由緒は富士山が火の神であり水の神であったころにさかのぼるものなのだろうか
干ばつの際にはここで雨乞いがされ富士講の時代には八海巡りの霊場として栄えた御祭神は水の神である「豊玉姫命」となっているが竜が棲むという伝説もあり毎年8月2日には今も竜宮神社の祭典が行われているという神秘的な洞穴の雰囲気そのままにいくつもの歴史と信仰の跡が堆積しているのかもしれない

夕暮れの西湖根場浜 根場浜は入り江になっているので逆さ富士が見えやすい
夕暮れの西湖根場浜 根場浜は入り江になっているので逆さ富士が見えやすい
西湖イラスト
点線

西湖野鳥の森公園
住 所山梨県南都留郡富士河口湖町西湖西2068 TEL:0555-82-2160
入園料無料 クラフト体験:500円(1時間 要予約) 休園日木曜日 開園時間午前9:00~午後5:00
駐 車 場専用駐車場有り(マイカー100台)無料

富士河口湖町生涯学習課
住 所山梨県南都留郡富士河口湖町船津1754番地
전화:0555-72-6053(直通)

点線
ページのトップに戻る