楽しさ満載の富士山・富士五湖エリアみんなで一緒に思いっきり遊ぼう!

富士山巡礼の旅

北口本宮冨士浅間神社


北口本宮冨士浅間神社タイトル

北口本宮冨士浅間神社
北口本宮冨士浅間神社

野生と神聖をよびおこす
吉田の火祭り

御師町上吉田地区の本町通りに点火前の大松明約80本が用意され人の波であふれかえっていた突然その向こうから大波が押し寄せるような興奮が伝わり「勢子(せこ)」と呼ばれる神輿の担ぎ手の若衆が「御旅所(おたびしょ)」から本通りへ飛び出してくるのにぶつかった火神の荒霊に取り憑かれたような人の猛りが肌から伝わり体の内側に原初的な熱が目覚めるような高鳴りが止まらなくなった
提灯を手にした「世話人(せわにん)」は声をあげて人波を払いながら威勢よく通りを駆けだし大松明を次々と取り囲んでいく興奮の中ついに大松明に点火大きな富士山のシルエットが浮かぶ宵空に最初の火の粉が舞いあがる祭りのエネルギーが極まったその一瞬命の源である火の本質に触れたように感じられた

明神さん
明神さん
お山さん
お山さん
明神さんとお山さんの神輿が参道から表通りに運ばれる
明神さんとお山さんの神輿が参道から表通りに運ばれる

「吉田の火祭り」は静岡大井神社の「島田の帯祭」愛知国府宮の「裸祭」とならぶ日本三奇祭に数えられ毎年8月26日と27日富士山のお山じまいの“宵祭り”として行われる一般には「火祭り」が有名であるけれど翌日の「すすき祭り」が本祭りである
まず26日の午後「北口本宮冨士浅間神社」で本殿祭と諏訪神社祭が執り行われその後に「お山さん」と「明神さん」という二つの神輿のお出ましとなる
朱色の山の形をしたお山さんの神輿は噴火し荒ぶる富士山を表わし若い勢子により荒々しく担がれ一方明神さんのほうは年配の勢子により粛々と大切に担がれるという
二基の神輿が無事一夜の宿の御旅所へ奉安されるといよいよ火祭りの始まりとなる

威勢の良い世話人から祭りのエネルギーが伝わってくる
威勢の良い世話人から祭りのエネルギーが伝わってくる
80本の大松明が並ぶ
80本の大松明が並ぶ

北口本宮冨士浅間神社から上吉田地区の中曽根交差点まで約2kmに高さ3mの大松明が並ぶほか家々の門前でも井桁に組まれた松明が焚かれさらにこの時は富士山吉田口登山道の山小屋でも松明が燃やされるまさにお山と麓の町が一体となって火づくしなのである
今は一般に“鎮火祭”として知られる祭りであるけれど実際には火の力をいただくという実感が強かった
赤々と燃え盛る火の川と化した町を火の粉をくぐり歩けることなど日常ではありえない火の神に祈り火をもって火を制すという世界感が生きているのだ
雨だろうが台風だろうが祭りは必ず執り行われこれまで松明の火による火災は一度も起きていないという富士山とそのお膝元である“北口本宮冨士浅間神社”の土地とのつながりの深さを火祭りは象徴している

富士山の北口をお守りする
“せんげんさん”

清涼な空気に包まれた北口本宮冨士浅間神社参道
清涼な空気に包まれた北口本宮冨士浅間神社参道
参道の入口の鳥居
参道の入口の鳥居
苔むした石灯籠
苔むした石灯籠

北口本宮冨士浅間神社の参道に一歩足を踏み入れるとからだ中に清々しい気が満ちわたる
参道の両側には樹齢百年以上の杉がまさに天を突くがごとく伸びさらにその足元に風雪に削られ苔むした石灯籠が並ぶ気高き社へ人々をいざなう巨大な生きた回廊のようだ
長い参道をゆっくり歩いてるだけでこの場所に息づいてきた自然の気と信仰の気に心と体が洗われていく気がする

全体にこのお社は富士山そのものを表そうとしているのではないかと思える神社全体を包む荘厳さはこの土地に受け継がれる想いでもあるのだろう
それだけの立派な社をさらに広大な「諏訪の森」がすっぽりと包みこの場所に来れば富士山に登らなくても富士山の大きさを感じられる気がする

“せんげんさん”が富士山世界遺産の「構成資産」になり改めて訪ねてみると今まで気づかなかった発見が幾つもあった
この大きなお社の境内には富士山の神様「木花開耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)」が祀られているだけでなく壮大な富士山コスモロジーが詰め込まれていると思われた

角行が荒行したと伝えられる立行石
角行が荒行したと伝えられる立行石

富士山の北の玄関口に息づく
壮大な富士山コスモロジーを発見

まず参道の中ほどしめ縄のかけられた一つの岩がある「立行石(たちぎょういし)」とある
江戸時代に栄えた「富士講」の開祖「角行(かくぎょう)」がこの地から富士山を遥拝しながら真冬の酷寒のなか裸身で爪立ちし、30日の荒行をしたというその角行は106歳で大往生したというなるほど庶民に富士山信仰が広まる元になった人物にふさわしい逸話がこの石には記されているのだ
続いて大鳥居の前を流れる「御手洗川」吉田口登山道を五合目まで往復した帰りにその清らかな流れに涼まさせていただいた夏でも痛いくらい冷涼な水の流れでタオルを浸し汗を拭くとカラダまで軽くなった考えてみればこの巡礼で辿ってきた富士山周辺には富士山という聖地に入る前に身を清めるための禊ぎ場が無くてはならぬ存在として数限りなくあったそして“せんげんさん”は参拝のための神社というだけでなく富士山への登山口でもある

拝殿の両脇に太郎杉(左)と夫婦杉(右)の巨木
拝殿の両脇に太郎杉(左)と夫婦杉(右)の巨木
国指定重要文化財である東宮本殿
国指定重要文化財である東宮本殿

大鳥居続いて歴史を感じる随神門をくぐるとまず正面に神楽殿その後手に拝殿さらに奥手に御本殿さらに背後が“富士えびす”と知られる恵比寿社両側には東宮本殿と西宮本殿が構える配置
ただお参りしていた時には気づかなかったけれど広い境内を隅々まで見て歩けばそれこそ八百万の神々さまが集結しているおそらくこの配置にも意味があるのだろう
本殿に祀られるのはもちろん浅間神社の神さまの三神まず富士山の神様の「木花開耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)」そして夫神様の「彦火瓊々杵命(ヒコホニニギノミコト)」父神様で全て山々の神である「大山祗命(オオヤマヅミノミコト)」本殿の裏に回れば日本神話の始まりである大黒さんと恵比寿さんが祀られている
西宮には「天照大神(アマテラスオオミカミ)」また東宮には河口湖産屋ヶ崎で祀られていた「彦火火出見命(ヒコホホデミノミコト)」富士山の巡礼で構成資産を巡ると日本古来のたくさんの神さまに出会える

さてそんな神々さまが座す一番奥の場所本殿に向かって右手奥に小さいながら趣きのある鳥居があるここが吉田口登山道の起点となる「登山門」だ
今も富士山の麓から徒歩で登れる唯一のこの登山道を世界遺産登録で再び歩いてみようという人が増えているただ一般には途中の「中ノ茶屋」か「馬返し」まで車で行ってしまう人がほとんどだろうでもせっかく登るのであればまず北口本宮冨士浅間神社をお参りし八百万の神々さまに祈ってこの登山門をくぐって富士山を目指したいものだ
登山門から150mほど歩くと「大塚丘」がある「日本武尊(ヤマトタケルノミコト)」が東方遠征の折りこの場所から富士山を遥拝して「北方に美しく広がる裾野をもつ富士はこの地より拝すべし」というミコトノリを残されたのだという

富士登山道吉田口の登山鳥居
富士登山道吉田口の登山門
先達像

富士講の丸藤宮元講の
先達像がある今もこの
講は富士登山を続けている

日本武尊が富士山を御遥拝されたという大塚丘
日本武尊が富士山を御遥拝されたという大塚丘

 

北口浅間さんを抱く
大きな諏訪の森の奥深く

最後にもうひとつ忘れてはならない大きな発見があった
なぜ北口本宮冨士浅間神社のある一帯を「諏訪の森」というか北口本宮冨士浅間神社に集まるゆかりの神様のなかでも特別な存在の神様の社がある境内の東側に位置する「諏訪神社」だ北口本宮冨士浅間神社の祭礼とされる「吉田の火祭り」で担がれる神輿の一つ「明神さん」がこの諏訪神社の神様だ
浅間神社に関わる火祭りの起源伝説として猛火のなかで出産をした「木花開耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)」の古代神話がよく知られている一方で火祭りの起源を諏訪明神の例祭とする説も知られている
「甲斐国志」には上吉田村の諏訪明神の例祭として町中で篝火を焚くとあり上吉田の産土神と記されていると言うこの地での古い歴史が諏訪神社にあったとすれば諏訪の森の名の由来も想像がつく現在の火祭りでもお山さんの神輿は明神さんの神輿を決して越してはならないのだそうだ明神さんが敬われている

長野県の諏訪大社といえば日本の神社のなかでも古い歴史があり「御柱祭」に象徴されるように古来からの自然信仰的な色あいが濃い神社である諏訪大社では諏訪明神は“蛇体”となって現れる吉田の火祭りでも神輿が神社から上吉田の町へ下るとき白い蛇神が一緒に渡るとされるなど“諏訪”を起源とする風習が今も様々と受け継がれている
大きな諏訪の森の存在が“せんげんさん”をどっしりと支えこの地に伝わる富士山への信仰をより深く厚くしているようだ

「吉田の火祭り」の映像はこちら
「吉田の火祭り」の映像はこちら

 

北口本宮冨士浅間神社イラスト
点線

北口本宮冨士浅間神社
住 所山梨県富士吉田市上吉田5558番地
電話:0555-22-0221 http://www.sengenjinja.jp/index.html
駐 車 場専用駐車場5ヶ所有り

富士吉田市役所富士山課
住 所山梨県富士吉田市下吉田6-1-1
電話:0555-22-0221 http://www.sengenjinja.jp/index.html

点線
ページのトップに戻る